目指せ 副収入 百万円!


by narumada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

コンサート始まり!

談笑していたミュージシャンのみなさんが
おもむろに席を立ち、ステージに入ります。
楽器担当のみなさんが音合わせしている間、
ボーカルのひとがお客さんにトークをします。
なんだか本当に「ライブハウス」って感じです。
音が定まり、「ポロロン・・・」とピアノが鳴って
コンサートが始まりました。
スピーカーを通して聞く音色ではない
ほんの数メートル先から発せられる生の演奏!
そして天を突くばかりの伸び上がる力強いボーカル!
これが「ジャズ・バー」なのか!
店内は興奮の坩堝と化し、
その空間にいることに満足し、
浸ってしまいます。
私はそのあまりの迫力に、
「撮影」に来たことをも何もかも忘れ
ただただ聴き入ってしまいました。
[PR]
by narumada | 2005-12-28 00:42 | カメラ小僧

準備万全か?

とうとう撮影の日がやってきました。
コンサートが始まるのは夜の7時から。
開店の5時からお店に入ります。
まだお客さんのいない店内を動き回り
シュミレーションを重ねます。
歌う人の立ち位置は、光はどこから
当たっているのか、どこから狙えばいいのか・・・
他のお客さんの邪魔にならないように
壁際の少し高めの席に陣取りました。
6時。ミュージシャンのみなさんが訪れました。
みなさん細めで、スーツをカジュアルに
着こなしてる、といった感じの
「カッコイイおじさん」
たちです。店長さんに紹介されて
軽く挨拶を交わします。
6時半。お客さんがぞくぞく入ってきました。
そろそろ開演です。
[PR]
by narumada | 2005-12-24 02:14 | カメラ小僧
被写体を観察してブレない写真を
撮影するとは。
テレビの音楽番組を観ながら
「どこでシャッターを押せばいいのか」
と頭の中で考えます。
ブレない写真とは、結局
「人が止まる瞬間」
を狙えばいい、ということになります。
ミュージシャンの方は激しく動きなら
歌っていますが、どうやら動きが
落ち着くところがあるようです。
それは決めの部分、いわゆる
「一番熱唱するサビ」
です。ジャズ、ソウル、ポップと
その間は安全圏のように見えました。
あとは曲調からサビの部分を
予測できればいいわけですが・・・
[PR]
by narumada | 2005-12-19 23:54 | カメラ小僧

行き詰まり

暗いところの撮影に行き詰まり
カメラを買ったお店に相談にいきます。
これまでも撮影で迷った時は
アドバイスをもらっていました。
カメラ屋さんのおじさんが言うには
「フィルム感度を上げてもいいが、
上げすぎると画像が荒くなる。
道具で撮影するのではなくて
もっと被写体を観察して
撮影するほうがいいものが撮れる」
とのことです。
フィルム感度を上げると、シャッター
スピードは速くできます。
ですが画質も落ちてしまいます。
「なんちゃって地域・お店限定広告カメラマン」
になってしまったので、できるだけ良いものを、
画質を追求せねば。
[PR]
by narumada | 2005-12-16 20:58 | カメラ小僧

次はジャズ・バー!

やり手の店長さんの進出は
留まることを知りません。今度の経営は
「ジャズ・バー」
です。と同時に私のところにも
撮影依頼が舞い込みます。
「バー」なだけに暗い店内での撮影です。
開店前の内輪飲みで試し撮り
してみたのですが、写真に写っている
みなさんは二重になったり三重になったり、
私のカメラを持つ手もブレブレです。
なんたってシャッタースピードが
1/8とか1/10くらいしか取れない
のだからあたりまえです。
暗いところで撮影するには、光を入れるため
シャッタースピードを遅くしなければ
ならないのです。
さてどうしたものか・・・
[PR]
by narumada | 2005-12-14 22:37 | カメラ小僧

高校生が髪型に・・・

美容院の内装を撮影した後は
実際にカットしているところを撮影します。
「今日撮影が入ってますので」
スタッフが客さんに断りを入れます。
お客さんはちょっと照れている感じでしたが
いろいろな角度から撮影させてくれました。
仕上がりはみなさん完璧です!
「縮毛矯正パーマ」
をかけてもらった高校生さんは、特に大変身でした。
モワモワ頭が、サラサラすっきり頭です。
パーマ前後で違いがわかりすぎるので
被写体としてはバッチリでした。
高校生さんは誇らしげに鏡を眺めて
財布から1万円を支払いました。
髪型に1万円…
今回の美容院の撮影は、折込広告と
店頭前のチラシになりました。
[PR]
by narumada | 2005-12-11 21:20 | カメラ小僧

美容院撮影開始です

やり手の店長さんの経営する美容院は
「スタッフ」のみなさんは若い人ばかりです。
もちろんお客さんも若い人ばかりです。
話は変わりますが、私が行きつけの
理容室の若い「従業員」の方は、
どう見ても40歳は超えています。
「おまかせ」でお願いすると決まって
「刈り上げ、モミアゲ真っ直ぐ切り」
にされ、ブローは
「前髪をフンワリ」
にされてしまいます。
油断はできません。
さて話は戻って美容室の撮影です。
美容室は12席、かなり広いのですが
さらに広く見せるように、一番高いところから
見下ろすように全体を撮影しました。
こうするとパースがかかって広く見えます。
[PR]
by narumada | 2005-12-08 01:35 | カメラ小僧

びっくり美容院!

やり手の店長さんからの依頼は続きます。
店長さんは、実は美容院も経営していました。
今度は美容院の撮影です。
私は、髪は理容室で切っているので
美容院に入るのは初めてです。
蒸しタオルの蒸気と髭剃り泡の匂いが
メインの理容室とは違い、美容院は
さわやかな香りで満たされています。
床や鏡台は木目調で、壁はクリーム色の塗り壁です。
観葉植物が生い茂り、お茶を飲むカウンターもあります。
そしてなぜか、別部屋には「日焼けマシン」が。
これは美容院というより「サロン」ですよね。
美容院ってすごい所です。
そしてお客さんは髪の毛を
「寝たまま」洗ってもらっています。
同じ髪を切る所とはいえ、理容室とは別世界です。
これが「室」と「院」の違いでしょうか?
[PR]
by narumada | 2005-12-06 13:18 | カメラ小僧

やり手の店長さん

開店前の新しいラーメン屋さんで
昼間の撮影開始です。
今回はできるだけ陽の光を入れる
ようにしました。なんとなくですが
ラーメンが軟らかくなった感じがします。
撮影の後、ごちそうしてもらったのですが
実際ラーメンの味は元のラーメン屋さんに比べ
軟らかくなっていました。
元のラーメン屋さんのスープをベースに
油で揚げた薬味を追加したようです。
さて私の撮影した写真ですが
開店お知らせの広告に使われました。
そして開店当日。いきなり行列です。
新しいラーメン屋さんも大盛況です。
この店長さん、本当にやり手です。
私はこの店長さんグループの
専属カメラマンなのでしょうか?
[PR]
by narumada | 2005-12-01 23:47 | カメラ小僧