目指せ 副収入 百万円!


by narumada
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

甘くささやく…

音楽が響くなか、その男性は静かに歩み寄り、
私の肩をそっと抱いて、何かをささやきました。
残念ながら、私にそちらの嗜好はなく、
男性の欲求を満たすことはできません。
ちらりと目を向けると、肌が浅黒く、
エキゾチックなハンサムボーイです。
男性は甘い声で、またささやきます。
よく聞こえませんでしたが、
ちょっとたどたどしい話し方から、
外国の人と思われます。
何だか少し怖くなってきました。
「すみませんっ! そういう趣味は…」
喉元まで出かかったことばを遮るように、
男性は私の目をまっすぐに見て、こういいました。
「ボクノシャシンモトッテクレマセンカ」
[PR]
by narumada | 2006-05-01 14:07 | カメラ小僧