目指せ 副収入 百万円!


by narumada
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シャッター音に酔いしれる

私は店内をくまなく徘徊し、照明の位置を確認。
ミュ−ジシャンの癖を見定め、
画角のいい場所に三脚を立てました。
バッグから感度の高いISO800のフィルムを出し、
カメラに装填します。絞りは開放です。
「どうだ、かかってこい!」と、荒ぶる私。
成功すれば、劇的な構図になりそうです。
そして何度目かのサビがやってきました。
すかさず「カシャッ、カシャッ、カシャッ」と、
シャッター音も小気味よく、連写したのです!
この瞬間、私の表情は恍惚に満ちていた…
かどうかはわかりませんが、
はっきりとした手ごたえを感じました。
さらにISO1600もためしてみます。
シャッター速度は1/4。よくても1/16程度でしたが、
私は不思議な確信にみなぎっていました。
普段は地味でさえない私ですが、
このときスポットライトを浴びているのは、
自分のような気さえしていたのです。
[PR]
by narumada | 2006-04-15 01:31 | カメラ小僧